blacknote

自分だけの秘密基地。本音専用のゴミ箱。ご連絡はTwitter(@superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

遠ざかっていく日本

f:id:superflyer2015:20180506220151j:plain


日本か、、、
日本ねぇ、、、
そんな場所もあったような、、、

 

家なき子


今日でゴールデンウィークも終わりですね。
有給を取得して延長戦に突入する方もいるでしょうし、最後の夜を貪っている方もいらっしゃるでしょう。

 

私はもう日本を飛び出して長いわけで、つまりはゴールデンウィークというものからも離れて長いわけです。だからその単語を耳にしても最近はもう、「あ〜そういう時期か」程度にしか感じなくなってしまいました。単に知識として知っているというだけの話。

 

ふとこうたまに我に返ると、「自分って何なんだろう?」なんて思ったりもします。純粋培養された典型的な日本人顔の日本人だけれど、兎にも角にもいつだって自分は日本にはいない。考え事は日本語でするし、こうやってブログや日記も日本語で書く。でも、日常生活において日本語は一切話さない。夢の中でも外国語を話していることが多い。別に英語や中国語に一切興味はないのだけれど。

 

家だって、なんだかよく分からない小汚い場所に長年住んでいる。だからもはや「家を持つ」なんていう同世代の連中にとっては当たり前なことであっても、私にはなかなか理解できない。落ち着いた生活とは何なのか、今の自分には想像すら容易ではない。「家なき子」と聞けばふっとイメージがわく人も多いのかもしれないけれど、「家なきオジサン」じゃただのホームレスだ。

 

(不)可逆的な変化


今年で海外生活には終止符を打つ予定で、来年以降の生活について最近色々と考えている。

 

いったい、自分は今後どうやって生きていけば良いのだろうか?

 

日本で一般的な履歴書のエクセルファイルをダウンロードしてみたけれど、書き方すらわからない。長年いわゆるCV(curriculum vitae、英語版の履歴書)しか書いてこなかったのだけれど、CVには基本的にフォーマットなど存在しない。好きなように自分をアピールすることが可能で、そういった部分を真面目に評価する文化があるのだ。だから、日本の履歴書みたいにフォーマットがきっちりしたものは個人的には結構苦手。

 

こんな性格、価値観で、本当に日本社会でやっていけるのだろうか、、、

 

海外では自己主張が基本。上司であってもおかしいと思ったら積極的に議論をするのが普通。だから自分も仕事中はアグレッシブになることが多い。でも、おそらくそういう人間というのは日本人が最も苦手とするタイプなのではなかろうか。そんな人間に本当に需要があるのだろうか。運良くどこかの会社に雇ってもらったとして、そこに本当に自分の居場所はあるのだろうか。

 

異文化だろうと、長年どっぷり浸かれば染まるもの。物静かなごく普通の日本人がここまで変わってしまうわけだから、元に戻ることだってできると信じたいけれど、さあ、どうだろうか。自分も年をとった。柔軟性は確実になくなっている。でも、ずっと一人でサバイバル生活をしてきたから、刺々しさだけは若い頃以上。面倒くさい人間になってしまったのだ。

 

大きく変わってしまった自分は、再び変われるだろうか?

 

偉い人の言うことだけ「ハイ」、「ハイ」、「ハイ」とよく聞く犬に戻れるだろうか?

 

人生における目標


最終的なゴールがどこにあるのか全くわからない。

 

地位や名誉、裕福な生活、華やかな夢なんかにはもうだいぶ昔から興味がない。

 

上等な酒とか高級なグルメはまあそりゃ好きだけれど、ボトル6千円くらいのウイスキーやコニャックが飲める程度で十分と言えば十分だし、日本のコンビニで買えるツナマヨネーズのおにぎりや体に悪そうな豚骨ラーメンが今は一番食べたい。インスタ映えするような華やかな食事なんかには特段の興味はない。

 

男だから女の子にはやっぱり相変わらず興味があるけれど、溜まっているから、、、みたいな話であって、誰かにずっとそばにいてもらいたいといったようなものではない。それにもう、自分はそもそもそういう年齢ではない。あとは、若い頃の恋愛があまりにも素晴らしいものだったから、今更その思い出を汚すようなことはしたくないという思いもある。

 

そんなわけで、本当に先が見えない。言い方を変えれば、要は生きる目標がないのだと思う。

 

可能性


まあそうは言っても時間の浪費は良くない。何かやるべきだ。

 

日本に帰ったら、質素倹約な生活をして労働に使う時間は最小限にとどめ、何か「形に残るもの」の創造に残りの時間を使いたいと思っている。

 

例えば、こんなしょーもないブログなんかではなくて、しっかりとした小説や随筆を書いて自費出版もしくはオンライン配布をしたり、絵を描いたり、曲を作ったり、リミックスをしたり、、、

 

別にそういった分野でプロになりたいわけではないし、そういうのでビッグマネーを稼ぎたいわけでもない。ただ、自分が死んだ後にも残るものを何か残しておきたいなと、最近そんなことを考えている。

 

オッサンになってしまった今でもまだ、自分にしかできないことがあると信じている。